(1)人体の仕組みに関するカルタ

(2)動物に関するカルタ

(3)天体に関するカルタ

評判の勉強や学習に役立つ人気おすすめカードゲームとは

このサイトは、お子さんの学習に役立つカードゲームをわかりやすく分類し、どういったカードゲームが皆様にとって最もオススメなのかを提示するサイトです。

 

うちの子は遊んでばかりで困ると嘆いている親御さんのために「このゲームなら遊ばせてもいい」「これなら大人の私も一緒に遊んであげられる」というカードゲームもご紹介したいと思います。

そのために、最新の現状をお伝えするとともに、小中高校生を対象とした塾の経営者の協力のもと勉強に役立つカードゲームもご紹介してまいります。


【1】学習系カードゲームの分類

このサイトでは、カードゲームという遊びを通じて学習効果の得られるカードゲームを取り上げます。

 

大部分はカードゲームという呼び方ではなくカルタという名称で呼ばれていますが、最近はカルタという堅苦しい・古臭いというイメージが払拭された進化系のカルタとも登場してきています。

*「かるた」は「carta」というポルトガル語、「カード」は「card」という英語であって、ともに板状の紙を意味する点で語源は同じ。

 

特に、四字熟語かるたの中には、全国の多くの公立小中学校で学習教材として採用されるまでに至っている隠れたヒット商品(「四字熟語・故事成語かるたは『かるかったかるった』」も存在します。

 

1、国語教材系かるた

 

2、社会科系学習かるた

 

3、理科系学習かるた

 

4、美術系学習かるた

 

5、 カルタ以外の学習カードゲーム

 


【2】その他記憶力や教養を増すのに役立つ伝統的なカードゲーム

(1)トランプ

カードゲームというと、家族や親子でトランプUNOを楽しんだとい方も多いのではないでしょうか。

 

実は、トランプも遊び方によってはお子さんの記憶力の増強に役立ちます。その典型例がトランプの遊び方のひとつである「神経衰弱」です。 数字を伏せた状態から同じ数字を組合させていくゲームです。ですから、一度出たカードの数字を記憶している人が断然有利になります。

(2)百人一首

日本古来から存在する和歌。

百人一首の代表格である小倉百人一首では、100もの和歌が藤原定家によって選ばれ収められています。

 

競技としての百人一首では、読み手によって五七五七七のうちの上の句が読まれただけで並べられた下の句の札を取らなければなりません。必然的に和歌を暗記していなければならず、まずは暗記が重要となります。

 

また、和歌には四季の情景や秘めた恋心など、五七五七七の短い言葉の中に詠み手の想いが詰まっています。

五七五七七の中に色々な意味を込められる詠み手は教養の持ち主とされ、周りから一目置かれる存在でした。

 

このような百人一首に触れることは、暗記力の鍛錬にもってこいであるばかりでなく、広い教養を養うにも格好の教材となりえます。